1. HOME
  2. ブログ
  3. 「直径30cm」の円柱材・丸棒材も発送します

木原木材店ブログ 間伐材マイスターの徒然記

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

タグ検索

CSR 『丸柱・円柱巡礼』 ひのきジーンズ オブジェ モニュメント 丸柱 丸棒 丸棒加工場 低炭素社会・低炭素杯 兵庫県 円柱加工場 円柱材 国際フロンティア産業メッセ 土木工事等で使う木材 土木工事等で使われる木材 土木用仮設資材 土木用木材 在庫 地域産木材 多可町 専門店 小径木 小径木加工場 展示会 施工例・施工事例 木の文化 木材 木材を有効に利用する方法 木材店の信用 木育 木製 木製土木資材 木製資材 棚田百選・岩座神 森林 災害用木材 神社仏閣 販売 足場丸太・仮設資材 間伐材 間伐材とは? 間伐材の有効利用・活用 間伐材グッズ 間伐材加工場・センター 50周年

タグ : ローリング丸太

「直径30cm」の円柱材・丸棒材も発送します

3月の下旬に、直径30cm(300mm)円柱材(ローリング丸太・丸棒丸太)引き合い2件戴き、発送準備にかかっています。

直径・φ30cmの円柱材各種

直径・φ30cmの円柱材各種

1件目は、ある事業所の見学者コース内に設置される「丸太ステップ」用の丸太で、直径30cm・長さ60cm程度に加工後、防腐処理加工を施して近日中に発送の予定です。

発電所・見学者コース内に設置される「丸太ステップ」用丸棒材

発電所・見学者コース内に設置される「丸太ステップ」用丸棒材


2件目は、ファッション雑誌での撮影用の使われるもので、直径30cm・20cm・15cm・10cm丸太短くカットしたもので、直径30cmの薄手の丸太半割り加工も行いました。

ファッション雑誌撮影用の円柱材の輪切り各種

ファッション雑誌撮影用の円柱材の輪切り各種


いずれも、東京方面からの問い合わせで、制作したものをどうして発送しようかと迷いましたが、何とか発送の目途がついたので引き受けたものです。

雑誌撮影用の丸太は大きな段ボール箱に入れて発送

雑誌撮影用の丸太は大きな段ボール箱に入れて発送


長ものの発送で困っていることを先にも書きましたが、重量物を発送する際にも運送会社への問い合わせ等、手間がかかる仕事になりますが、主力の土木用木材の販売が伸び悩む中では、少しずつ取り組んで参りたいと考えています

重量物の「丸太ステップ」はパレット積で発送予定

重量物の「丸太ステップ」はパレット積で発送予定

「半割り材」 ・ 「太鼓材(タイコ材)」 も製材できます

円柱材の生産を得意とする弊社ですが、その関連製品として「半割り材」「太鼓材(タイコ材・たいこ材)」もあります。

円柱材と半割材 (遊具用出荷分・斜め横から)

円柱材と半割材 (遊具用出荷分・斜め横から)

「遊具」等だけでな、く「土木用の資材」にあっても、「半割り材」「太鼓材」の注文があり、注文に応じて生産しています。

「半割り材」については、直径50mm(5cm)から200mm(20cm)程度までの量産生産が可能で、直径200mmを上回るものについても適宜対応しています。

円柱材と半割材 (遊具用出荷分)

円柱材と半割材 (遊具用出荷分)

また、「タイコ材」については、1面・2面・3面タイコに挽くことが可能で、これらも各種の注文サイズに対応することができます。

半割材と一面タイコ(たいこ・太鼓)材

半割材と一面タイコ(たいこ・太鼓)材

柱材や板材等の角材の量産生産は、あまり得意ではありませんが、、円柱材(丸棒材)の2次加工については、量産対応を精一杯行っていますので、必要な際には、是非お問い合わせ下さい。

また、これらの「半割り材」「太鼓材(タイコ材)」については、必要に応じて、防腐処理加工をすることもできますので、ガーデニング等にも使って戴ければと思っています。

≪円柱材の製材できるサイズについては‥‥≫
  ⇒    円柱・丸棒・ロータリー加工できる直径(径級)・長さ

「直径30cmの間伐材?」を生かす方法 (大径木・丸棒加工機も併設)

弊社の木材ブログ「間伐材マイスターの徒然記」で、「間伐材の有効利用」を常に情報発信していますが、昨今は「間伐材」と言うにはもったいないような「間伐材」に巡りあうことが有ります。
「直径30cmの間伐材?」と書きましたが、本来なら「主伐材」として素材生産されてもいいような直径の木材も、間伐作業の中で搬出されているような場合もあります。

加工を待つ「直径30cm超の大径木」1

加工を待つ「直径30cm超の大径木」1

(※ 「間伐材?」と書きましたが、「間伐材」「主伐材」であるかは、伐採の形態でかわります。「間伐材」とは木材の育成期間中(主伐に至るまでの間)に間引きして生産された小径材のことをいいます。皆伐で素材生産された場合は「主伐材」と定義されています。)

木材価格の低迷と消費量の減少が続く中、「長期伐倒」が勧められていますが、そのために「直径30cmの間伐材」が搬出されるようになった、というのが本当のところのようです。

加工を待つ「直径30cm超の大径木」2

加工を待つ「直径30cm超の大径木」2

これらの大径木の原木が、建築用材を生産する製材所に引き取られるのが最良ですが、低価格で合板用に、若しくはチップ・バイオマス燃料となってしまうこともあるようです。

直径30cmの丸棒(円柱)加工風景 (加工後側から)

直径30cmの丸棒(円柱)加工風景 (加工後側から)

弊社が、大径木の丸棒・円柱・ロータリー丸太加工機を積極的に導入している理由は、このような「大径木の原木」を少しでも有効利用(本来の建材として利用)したい思いが強かったからですが、この思いが伝わることを願っています。

直径30cmの丸棒(円柱)加工製品 (製品として使われこそ、木の特性が生きます)

直径30cmの丸棒(円柱)加工製品 (製品として使われこそ、木の特性が生きます)

「大径木の加工風景・利用策」弊社HPの「丸棒加工(大・特大)」で紹介していますので、是非ご覧ください。

木原木材店へのお問合せはこちら

木原木材店