1. HOME
  2. ブログ
  3. 「足場丸太・丸太足場」が 『品薄』 です‥‥

木原木材店ブログ 間伐材マイスターの徒然記

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

タグ検索

CSR 『丸柱・円柱巡礼』 ひのきジーンズ オブジェ モニュメント 丸柱 丸棒 丸棒加工場 低炭素社会・低炭素杯 価格 兵庫県 円柱加工場 円柱材 土木工事等で使う木材 土木工事等で使われる木材 土木用仮設資材 土木用木材 在庫 地域産木材 多可町 専門店 小径木 小径木加工場 展示会 施工例・施工事例 木の文化 木材 木材を有効に利用する方法 木材店の信用 木育 木製 木製土木資材 木製資材 棚田百選・岩座神 森林 災害用木材 神社仏閣 販売 足場丸太・仮設資材 間伐材 間伐材とは? 間伐材の有効利用・活用 間伐材グッズ 間伐材加工場・センター 50周年

タグ : 値段

「足場丸太・丸太足場」が 『品薄』 です‥‥

最近、『足場丸太・丸太足場』引き合いを戴く地域が拡大しています。

従来は、兵庫県内全域と兵庫県に近い大阪府北部からの問い合わせがほとんどでしたが、問い合わせの地域が少し拡大しつつあります。
(最も遠いところで東京へも送ったことがあります)

足場丸太の出荷 (大口契約先へ200本・1車 出発時)

足場丸太の出荷 (大口契約先へ200本・1車 出発時)

嬉しい話ではありますが、それだけ「足場丸太・丸太足場」の需給がひっ迫しているのか‥‥と感じるところです。

第1木場内の足場丸太置き場 (古くなった太足場も在庫あり) H30.5.13 

第1木場内の足場丸太置き場 (古くなった太足場も在庫あり) H30.5.13 

 

問合せの地域を問わず、使用用途本数等を確認のうえ、自社在庫の調整を考えながら価格提示を行っています。

 「貴重な足場丸太」 時にはシート掛けもします  H30.05.13現在

 「貴重な足場丸太」 時にはシート掛けもします  H30.05.13現在

中には、「値段は聞いたけど、入荷まちで困っています‥‥」 といった話も聞こえてきています。

弊社では、「今なら1現場・100本分の入り用なら、本日でも引取りOKです。」 と返答が出来るよう在庫の確保に努めているところです。(50本単位での引取りでお願いしています)  

(配送時の写真以外は、本日現在の在庫状況の写真。 その他に第2木場に古手のものと、山中の在庫もあります)

≪状況は日々変化しますので、電話で直接担当者・木原までお問い合わせ下さい。≫ 

6m材・細目もあります H30.05.13現在

6m材・細目もあります H30.05.13現在


ただし、大口の引き合いの直後は在庫がひっ迫する場合もあるので、小ロット対応に支障を来たさないように大口先の引取り本数の圧縮等、細心の配慮が必要なところです。

7mの足場丸太は少々 (シート分は5m材) H30.05.13現在

7mの足場丸太は少々 (シート分は5m材) H30.05.13現在

『ラジオ』でカメラ販売 > 『ネット』で丸太販売 ?

日本経済新聞の4月の『私の履歴書』は、「ジャパネットたかた」の創業者である高田明氏で、毎朝、会社へ出社直後に感慨深く読んでいます。

日本経済新聞 4月1日付け 「高田明」氏 1回目

日本経済新聞 4月1日付け 「高田明」氏 1回目

高田明氏といえば、テレビショッピングでの、かん高く軽快な商品説明と落としの販売価格提示との2つの口調が印象深く、社長のキャラクターで会社を成長させたイメージが強いのですが、起業当初の苦労話等、参考になるところが多くあります。

『私の履歴書』でも紹介された「温泉旅館での写真販売」の様子 (NHKテレビから)

『私の履歴書』でも紹介された「温泉旅館での写真販売」の様子 (NHKテレビから)

成長の原動力になったのが、初めてカメラの『ラジオ・ショッピング』を行い、その1回の販売台数が年間の販売台数に匹敵したこと、これを契機にラジオ・ショッピングを本格展開し、その後の成長軌道の礎になったとのことでした。

昨今では、生活必需品のすべてがネット販売され、実店舗に行かなくても物が買える時代ですが、こと「丸太」となると事例はそう多くないような気がします。

ラジオ通販の開始時の記事 日本経済新聞「私の履歴書」

ラジオ通販の開始時の記事 日本経済新聞「私の履歴書」

弊社でも、「丸太もネットで売れるかも?」と思いながら試行錯誤していますが、丸太の写真をHPで閲覧できてこそ消費行動を誘因することが可能だと思います。
実物のカメラの写真もなく、ラジオから聞こえてくる「言葉一つ」で、「カメラを買う」消費行動を誘発する機動力に敬服の限りです。

ブログのタイトルの理由です⇒  『ラジオ』でカメラ販売 > 『ネット』で丸太販売 ?

現在はサッカーJ1 「V・ファーレン長崎」のオーナーでもある (NHKテレビから)

現在はサッカーJ1 「V・ファーレン長崎」のオーナーでもある (NHKテレビから)


円柱材マイスターも、高田氏の爪の垢を飲んで(「私の履歴書」を熟読して)、次の展開を考えていきたい(生きたい)と思っています。

「足場丸太」は、『レア木材』?

最近、「足場丸太」に係る問い合わせを戴くことが多くなりました。

木材業界の中でも、「足場丸太、まだ扱っていたの……?」と言われるほど、『レアな木材』になってしまいましたが、小径木を扱う弊社にとっては、重要な商材の一つです。

「レアな木材」となってしまった『足場丸太』 

「レアな木材」となってしまった『足場丸太』 

「足場丸太」といえば、高度経済成長期には建設現場の仮設資材として、無くてはならない資材でしたが、鉄管足場にその地位を奪われ、「死語」になってしまったような状況でした。

その影響で、生産者や取り扱う木材業者も急減し、現在でも「足場丸太」を取り扱っている弊社への問い合わせが増えているように思われます。

鉄管足場に地位を奪われた「足場丸太」ではありますが、鉄管足場が組めない狭い住宅地での塗装・解体工事、また神社仏閣の修理現場などで利用されることがあります。

写真は使えませんが、「世界文化遺産」に指定されている京都・清水寺の修理現場にも納入しています。

「レアな木材」となった『足場丸太」 (弊社では在庫の確保に努めています)

「レアな木材」となった『足場丸太』  (弊社では在庫の確保に努めています)

山林の新植が少なくなり、足場丸太に適した小径木がほとんど生産されないため、弊社でも在庫の確保に苦しんでいますが、弊社の重要な商材の一つとして、末永く取り扱っていく予定です。

次の記事へ →

木原木材店へのお問合せはこちら

木原木材店