1. HOME
  2. ブログ
  3. 松丸太杭の使い方……立ち入り進入防止柵・防護柵編

木原木材店ブログ 間伐材マイスターの徒然記

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

タグ検索

CSR 『丸柱・円柱巡礼』 ひのきジーンズ アスレチック アスレチック木材 丸柱 丸棒 丸棒加工場 低炭素社会・低炭素杯 兵庫県 円柱加工場 国際フロンティア産業メッセ 土木工事等で使う木材 土木工事等で使われる木材 土木用仮設資材 土木用木材 在庫 地域産木材 多可町 専門店 小径木 小径木加工場 展示会 施工例・施工事例 木の文化 木材 木材を有効に利用する方法 木材店の信用 木育 木製 木製土木資材 木製資材 棚田百選・岩座神 森林 災害と木材 災害用木材 神社仏閣 販売 足場丸太・仮設資材 間伐材 間伐材とは? 間伐材の有効利用・活用 間伐材グッズ 間伐材加工場・センター 50周年

タグ : 杭丸太

松丸太杭の使い方……立ち入り進入防止柵・防護柵編

松杭の主な使い方として、①土木用木材として、土留め用及び地中基礎杭としての使い方、に加えて、②立ち入り進入防止柵防護柵としての使い方があります。

造成地での立ち入り禁止柵の例1

造成地での立ち入り禁止柵の例1

最近の問合せで増えているのが、②の立ち入り進入防止柵防護柵用で、従来、取引がなかった建設会社からも問い合わせが入る場合もあります。

造成地での立ち入り禁止柵の例2

造成地での立ち入り禁止柵の例2

立ち入り進入防止柵用としては、①解体した家屋・工場等の周りを囲う場合、②造成地等の周囲を囲う場合等があります。

立ち入り禁止柵には何重にも針金が張られています 

立ち入り禁止柵には何重にも針金が張られています 

①の解体した家屋・工場等の周りを囲う場合は必要数量が少量の場合が多いですが、②造成地等の周囲を囲う場合は、大量で、原木の確保と搬入手段に困る場合もありました。

最近では、造成地等への搬入する機会がもっぱら減りましたが、こんな注文が舞い込めばと思っています。

また、少量ですが、解体した家屋や工場の周りを囲う松杭を常時在庫し、対応していきたいと思っています。(少量の場合は、引取になります)

進入防止柵に使われる囲い用の杭材に好まれる1.5~2m、9~10cm90~100mm)程度の杭材を在庫し、問合せをお待ちしています。

「木杭(松杭)・木製地中杭(基礎杭)」の魅力

最近、「木材の地中杭・基礎杭(木杭・松杭)」の話題を聞くことが多くなりましたが、少し触れてみたいと思います。

数年前に、東京駅の改修工事東京・丸の内や大阪・梅田の大規模ビル建て替え工事に際して、地中から「木杭(松杭)」が出てきて、またその松杭がほとんど傷んでいなかったことが話題になりました。

東京駅・改修後全景 (旧駅舎の下には約1万本の基礎・松杭が打たれていました)

東京駅・改修後全景 (旧駅舎の下には約1万本の基礎・松杭が打たれていました)

東京駅や大阪駅近くにある古い建物の中には、軟弱地盤の上に構築されている建物が多く、基礎杭として松杭が打ちこまれているケースが多いそうです。
そのため、ビルの改修・建替え工事に際して地中から多くの松杭が出てくることが多いそうです。
(1914年竣工の東京駅では長さ8mの松杭・約1万本が使われ、約100年後の改修工事時に腐りのない松杭が出てきたそうです。)

復元された「三菱1号館」 (こちらの下にも松の基礎杭がありました)

復元された「三菱1号館」 (こちらの下にも松の基礎杭がありました)

また、関西では平成24年11月にグランドオープンした阪急百貨店の旧本館の基礎杭として2,700本の松杭が使われていたそうで、建替え工事に伴い掘り出された「基礎の松杭」が新装となった百貨店の13階のレストラン街に展示され、解説文の銘板も添えられていました。

阪急百貨店(新本館)の13階レストラン街に展示された「旧本館の基礎松杭」

阪急百貨店(新本館)の13階レストラン街に展示された「旧本館の基礎松杭」


 掘り出された「基礎松杭」の横にあった解説の「銘板」

掘り出された「基礎松杭」の横にあった解説の「銘板」

前述のような大型ビルで、基礎杭として再度、木杭(松杭)が使われることはあり得ませんが、小規模な建物では可能性があるのでは……?と思っています。また、土木学会等の論文発表で事例の紹介がなされているようです。

木材業界では、「地盤の弱い地域には『杭屋』が多い」と言われていますが、これらの地域にはまだまだ多くの杭の取扱業者が多いようです。
(弊社は比較的地盤の良い地域に立地していますが、消費地に近い兵庫県にあったため、高度経済成長期に営業基盤が確立したと推察しています。)

 カラマツ(落葉松)・杭用原木 (原木の確保がだんだん難しくなりつつあります)

カラマツ(落葉松)・杭用原木 (原木の確保がだんだん難しくなりつつあります)

しかしながら、「杭材」として好まれる「松材」については、原木の調達が難しくなっており、今後は「杉・桧材」での使用も考慮することが必要と思われます。

 「杉・桧材」の丸棒材 (20cm丸棒・長尺物)地中杭にも最適?

「杉・桧材」の丸棒材 (20cm丸棒・長尺物)地中杭にも最適?

弊社は、水際での使用時に好まれる松杭の取り扱いを継続的に行うとともに、地域産木材(兵庫県産木材)を有効活用できるので、「杉・桧材」の直径15cm以下の小径木だけでなく、15cm以上や20cmを超える中径木・大径木の丸棒・円柱・ロータリー加工機を備えており、今後、需要が見込まれる中・大径木の「木製・地中杭」への対応も考えていきたいと思っています。

「『焼き杭』の耐久性」を実感! (15年経過した『栗の焼き杭』)

先に紹介した「山の水の恵み」に感謝のタイトルで紹介した「約15年前に打設した『焼き杭』」について報告します。

この『焼き杭』は、約15年前に、谷川を渡している自家用簡易水道の水道管を吊るしていたワイヤーの張り替え作業を行った際に、谷川の両岸に打設したものでした。

約15年間経過した「栗の焼き杭」 (今回、抜き取って研究資料に提供)

約15年間経過した「栗の焼き杭」 (今回、抜き取って研究資料に提供)

直径12~13cm、長さ約80cmの栗の丸太を、製材所で焼き杭加工して使ったものとのことでしたが、水道管の張り替え作業後に抜いてみて驚いた(ビックリした)ところです。

空中に出ている部分(上部)は、少し割れていましたが打設した当時とそう遜色がない状態のように思われました。
一方、土中に打ち込んでいる部分(下部)は、少し白蟻に食われたような跡はあったものの、腐れは入っておらず、あと10年は持ちそうな状態でした

約15年間経過した「栗の焼き杭」 (全体写真)

約15年間経過した「栗の焼き杭」 (全体写真)

「水辺には焼き杭が強い」と言われていますが、実際に15年経過した杭を目の当たりにして、それを実感したところでした。

今回、2本のうち1本は抜き取りましたが、もう1本はそのまま残して今後の経過を見たいと思っています。

約15年間経過した「栗の焼き杭」 (経過観察のため現場保全分)

約15年間経過した「栗の焼き杭」 (経過観察のため現場保全分)

また、抜き去った木杭は、弊社がお世話になっている明石高等専門学校の河川工学の研究室に、研究資料として送って調べてもらいたいと思っていますので、その続報をお届けできればと思っています。

明石高専・河川工学研究室 (木杭の耐久性試験)(全体)

明石高専・河川工学研究室 (木杭の耐久性試験)(全体)

明石高専・河川工学研究室 (木杭の耐久性試験) (拡大)

明石高専・河川工学研究室 (木杭の耐久性試験) (拡大)

次の記事へ →

木原木材店へのお問合せはこちら

木原木材店