1. HOME
  2. ブログ
  3. 『 枕木風丸太』の写真撮りをしました。(試験販売も開始します)

木原木材店ブログ 間伐材マイスターの徒然記

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

タグ検索

CSR 『丸柱・円柱巡礼』 ひのきジーンズ アスレチック アスレチック木材 丸柱 丸棒 丸棒加工場 低炭素社会・低炭素杯 兵庫県 円柱加工場 国際フロンティア産業メッセ 土木工事等で使う木材 土木工事等で使われる木材 土木用仮設資材 土木用木材 在庫 地域産木材 多可町 専門店 小径木 小径木加工場 展示会 施工例・施工事例 木の文化 木材 木材を有効に利用する方法 木材店の信用 木育 木製 木製土木資材 木製資材 棚田百選・岩座神 森林 災害と木材 災害用木材 神社仏閣 販売 足場丸太・仮設資材 間伐材 間伐材とは? 間伐材の有効利用・活用 間伐材グッズ 間伐材加工場・センター 50周年

タグ : 遊具

『 枕木風丸太』の写真撮りをしました。(試験販売も開始します)

丸棒加工(円柱加工)を得意とする弊社ですが、各種の外構資材遊具の生産過程で直径15~20cm程度長さ1m未満円柱材の端材が多く出ます。

これらを有効利用するため、1mほどの長さを確保できる円柱材を、、『円形』『半割』『太鼓(タイコ)形』整形し、防腐処理を施して、『枕木風丸太』として試作しました。

防腐処理加工の済んだ「円柱材」等を持ちこんで写真撮りの準備

防腐処理加工の済んだ「円柱材」等を持ちこんで写真撮りの準備

試作品は、想定した以上に仕上がりがよく、今後は『試験販売』をしてみたいと思い、写真撮りをしました

直径20cm前後の円柱材(丸棒丸太)を一列に並べました

直径20cm前後の円柱材(丸棒丸太)を一列に並べました

『枕木風丸太』の形状は、単なる丸型に加えて、『半割丸太』『太鼓材(タイコ材)』などで、「太鼓材」「2面太鼓」に加えて、3面、4面のものも試作してみました。

太鼓材(タイコ材) 2面落とし

太鼓材(タイコ材) 2面落とし

また、『半割丸太』「1面太鼓」「3面太鼓」も試作し、主なユーザーと思われるガーデニング愛好者に好まれる形を模索していきたいと考えています。

「半割丸太」の表面と裏面

「半割丸太」の表面と裏面

なお、これらの「枕木風丸太」については、試験販売を行いますので、お問い合わせ戴ければ幸です。

【注記】

(希望のサイズ等がない場合は、受注後の生産になりますので、1ヶ月弱の時間を戴く場合があります)

「半割り材」 ・ 「太鼓材(タイコ材)」 も製材できます

円柱材の生産を得意とする弊社ですが、その関連製品として「半割り材」「太鼓材(タイコ材・たいこ材)」もあります。

円柱材と半割材 (遊具用出荷分・斜め横から)

円柱材と半割材 (遊具用出荷分・斜め横から)

「遊具」等だけでな、く「土木用の資材」にあっても、「半割り材」「太鼓材」の注文があり、注文に応じて生産しています。

「半割り材」については、直径50mm(5cm)から200mm(20cm)程度までの量産生産が可能で、直径200mmを上回るものについても適宜対応しています。

円柱材と半割材 (遊具用出荷分)

円柱材と半割材 (遊具用出荷分)

また、「タイコ材」については、1面・2面・3面タイコに挽くことが可能で、これらも各種の注文サイズに対応することができます。

半割材と一面タイコ(たいこ・太鼓)材

半割材と一面タイコ(たいこ・太鼓)材

柱材や板材等の角材の量産生産は、あまり得意ではありませんが、、円柱材(丸棒材)の2次加工については、量産対応を精一杯行っていますので、必要な際には、是非お問い合わせ下さい。

また、これらの「半割り材」「太鼓材(タイコ材)」については、必要に応じて、防腐処理加工をすることもできますので、ガーデニング等にも使って戴ければと思っています。

≪円柱材の製材できるサイズについては‥‥≫
  ⇒    円柱・丸棒・ロータリー加工できる直径(径級)・長さ

円柱・丸棒・ロータリー加工できる直径(径級)・長さ

前回号で、「関西有数の小径木・中径木・大径木加工場です」というタイトルのブログを書きましたが、加工できる直径(径級)・長さについて詳細説明します。

大口径丸棒(円柱)加工機 (量産型 30cmまで) (投入側から)

大口径丸棒(円柱)加工機 (量産型 30cmまで) (投入側から)

円柱・丸棒・ロータリー丸太加工品を取り入れた構造物を設計される場合に気になるのが、調達できる円柱・丸棒・ロータリー丸太の「直径」(径級)と「長さ」だと思います。

特殊・大径木加工用 (最大径60cm)_

特殊・大径木加工用 (最大径60cm)_

加工できる直径(径級)は、量産型加工機で、最少4.5cm(45mm)~最大30cm(300mm)で、径級を決める「刃物台」の切削部直径で決まります。
切削用「刃物台」の台数分だけ、加工できる直径(径級)の種類があることになりますが、弊社では5.0cm(50mm)・7.0cm(70mm)・10.0(100mm)・12.0cm(120mm)・15.0cm(150mm)・18.0cm(180mm)・20.0cm(200mm)・22.0cm(220mm)・25.0cm(250mm)・30.0cm(300mm)(いずれも2mmのサイズ増し)等の主要径級に加えて、その他の径級についても順次取り扱いサイズ幅を拡充しています。
また、特大・特殊加工対応型については25.0cm(250mm)~60.0cm(600mm)までの間で、任意サイズの加工が可能です。

丸棒加工品(大)の横断面 (直径30cm)

丸棒加工品(大)の横断面 (直径30cm)

一方、長さについては、特大・特殊加工対応型(25.0~60.0cm)以外は、機械の両端が開いているので、製材工場内で原木を吊り上げられる範囲(10m程度)なら加工可能ということになります。(最大長12mの加工を行ったことが有ります。)

丸棒加工機(中)での加工風景 (神輿の担ぎ棒用 直径16cm、長さ11m)

丸棒加工機(中)での加工風景 (神輿の担ぎ棒用 直径16cm、長さ11m)

加工できる直径(径級)・長さについて説明しましたが、中間径級も順次増強中ですので、
詳細については、弊社へお問い合わせ戴ければ幸いです。

加えて、これらの丸太の「半割り加工」「タイコ・たいこ・太鼓引き」も行っていますので、併せてお問い合わせ下さい。

次の記事へ →

木原木材店へのお問合せはこちら

木原木材店