間伐材マイスターの徒然記

『2020年』の幕開け  

新年、明けましておめでとうございます。

令和2年、『2020年』が皆様にとって明るい年となることを願っています。

世間では、『2020年、東京オリンピック』という輝かしい世界が待っているように報道されていますが、弊社及び木材業界を取り巻く環境にはまだまだ逆風が多いように感じられます。

新年にあたり、新たな決意を表明します。

➀ 『国内有数の円柱材(丸棒材)加工・専門加工場』をより多くの方に認知戴き、幅広いニーズに対応できる体制を築くこと

『国内有数の円柱材(丸棒材)専門加工場』をPR (R01.12 モクコレ令和元年)

② 『地域密着型の土木用木材加工センター』として、従来からの社会的責任を全うすること

令和2年(2020年)1月1日の弊社正面の写真

③ 法人化(平成31年1月4日付け)後の組織体制の安定化

こと「木材業界」にとっては、「いかに生き残るか‥‥」のサバイバルゲームが加速する10年間の始まりの年のように思えてなりません。

上記の決意を実行し、地域の皆様に可愛がって戴ける『木材店』を志したいと思っています。