1. HOME
  2. ブログ
  3. 「国際フロンティア産業メッセ2012」に出展します

木原木材店ブログ 間伐材マイスターの徒然記

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

タグ検索

CSR 『丸柱・円柱巡礼』 ひのきジーンズ アスレチック アスレチック木材 丸柱 丸棒 丸棒加工場 低炭素社会・低炭素杯 兵庫県 円柱加工場 国際フロンティア産業メッセ 土木工事等で使う木材 土木工事等で使われる木材 土木用仮設資材 土木用木材 在庫 地域産木材 多可町 専門店 小径木 小径木加工場 展示会 施工例・施工事例 木の文化 木材 木材を有効に利用する方法 木材店の信用 木育 木製 木製土木資材 木製資材 棚田百選・岩座神 森林 災害と木材 災害用木材 神社仏閣 販売 足場丸太・仮設資材 間伐材 間伐材とは? 間伐材の有効利用・活用 間伐材グッズ 間伐材加工場・センター 50周年

タグ : ひのきジーンズ

「国際フロンティア産業メッセ2012」に出展します

今年も8年連続で兵庫県下最大の産業見本市である「国際フロンティア産業メッセ2012」に出展します。
今年も、兵庫県林務課、兵庫県森林林業技術センターとの連携出展とし、「間伐材製品」の利用啓発と「木材CSR」の提案に加えて、森林の役割や地域産木材の利用啓発、木質バイオマスの有効利用等について、共同で展示する予定です。

「国際フロンティア産業メッセ2011」 弊社ブース及び連携出展社のブース

「国際フロンティア産業メッセ2011」 弊社ブース及び連携出展社のブース

加えて、開催第2日目(9月7日)には会場内プレゼンテーションも実施します。

昨年は「ベスト展示賞・最優秀賞」を戴きましたが、今年も皆様に注目されるブースを目指していますので、皆様のご来場をお待ちしています。

「国際フロンティア産業メッセ2011」 ベスト展示賞の表彰式

「国際フロンティア産業メッセ2011」 ベスト展示賞の表彰式

(今年は、本業である「丸棒加工・専門店」に関する情報発信を増やしたいと思っています。)

中小企業総合展 2012 in KANSAI  (H24.5.30~6.1)の出展風景 

中小企業総合展 2012 in KANSAI (H24.5.30~6.1)の出展風景 

 
日  時    平成24年9月6日(木)~7日(金) 10:00 ~ 17:00
場  所    神戸国際展示場2号館 (ポートアイランド・市民広場駅)
          「B. 環境・エネルギーゾーン B-23区画」
(中央通路直進、3つ目のブロックの左角です)
出展内容    「間伐材製品」の利用啓発と「木材CSR」の提案
プレゼン日時   平成24年9月7日(金)13:05~13:25
プレゼン内容  「間伐材製品」の利用啓発と「木材・森林CSR」の提案
その他     連携出展者の兵庫県林務課・兵庫県森林林業技術センターとの連携でクイズ形式のアンケート調査を行う予定です。

 「国際フロンティア産業メッセ2012」のHPこちら  

『森の看板』が「ひょうご景観園芸産業認定品」になりました

この度、弊社の木製看板『森の看板』が2011年度の「ひょうご景観園芸産業認定品」に選定されました。 

「ひょうご景観園芸産業認定品」パンフ(2011年版) 認定品一覧表

「ひょうご景観園芸産業認定品」パンフ(2011年版) 認定品一覧表

弊社は間伐材の有効利用を目指して、公園用資材を多数生産していますが、「木柵」「東屋」等とならんで、「木製看板」は生産品目の主要なものの一つです。 

「ひょうご景観園芸産業認定品」(2011年度) 木製看板「森の看板」 

「ひょうご景観園芸産業認定品」(2011年度) 木製看板「森の看板」 

「ひょうご景観園芸産業認定品」は、園芸用品等『安全』『安心』の目印となるよう、①兵庫県内の企業等が生産・製造したものあること、②生産・製造への取組が個性的であること、③自然や健康に配慮した素材選定等がされていること等、を満たした商品として、ひょうご景観園芸産業研究会にて認定したものとなっています。

 「ひょうご景観園芸産業研究会」は、園芸・造園を核として、土木・建築や情報・流通など、様々な生活関連産業が一体となって展開することで、自然と共生する豊かな自然環境や文化を育む景観を創造していこうとする企業等で構成されています。その事務局は、兵庫県農政環境部の農産園芸課にあり、弊社は同研究会の初期からの主要メンバーです

「ひょうご景観園芸産業認定品」パンフ(2011年度版) 表紙 (研究会メンバー一覧表も)

「ひょうご景観園芸産業認定品」パンフ(2011年度版) 表紙 (研究会メンバー一覧表も)

 弊社では、これまでに、2008年度に木製プランター「森のプランター」、2009年度にガーデニング用椅子「森のツルース」、2010年度にジーンズ「ひのきジーンズ」が認定を受けており、今回で4品目目になります。 

「ひょうご景観園芸産業認定品」(2008年度) 「森のプランター」

「ひょうご景観園芸産業認定品」(2008年度) 「森のプランター」

「景観園芸産業認定品」(2009年度) 「森のツルース」

「景観園芸産業認定品」(2009年度) 「森のツルース」

「ひょうご景観園芸産業認定品」(2010年度) 「ひのきジーンズ」

「ひょうご景観園芸産業認定品」(2010年度) 「ひのきジーンズ」

今後とも、公園用資材等で同認定に相応しいものを追加申請し、認定を獲得したいと思っています。

今年も「ひょうご森のまつり」に出展  (平成23年)

「木づかい月間」最後のイベントが10月30日(日)に淡路市の淡路文化会館周辺であり行って来ました。

兵庫県版の「植樹祭」+「育樹祭」といえるのが「ひょうご森のまつり」で、兵庫県下各地から森林・木材関係者が集まります。 

「ひょうご森のまつり」 開会式の様子

「ひょうご森のまつり」 開会式の様子

今年のテーマは「市民が集う森づくり ~森を想う、森を活かす、森を楽しむ~」で行政や関係団体に加え木材会社等、約40ブースが出展し、緑や森林に関する情報発信を行いました。 

「ひょうご森のまつり」 出展者のブース全景

「ひょうご森のまつり」 出展者のブース全景

「ひょうご森のまつり」 弊社のブース (全体) 

「ひょうご森のまつり」 弊社のブース (全体) 

弊社は、例年のように「間伐材の有効利用」に関する情報発信を行いました。

ブース正面に、平成23年度「間伐・間伐材利用コンクール 暮らしに役立つ間伐材利用部門」入賞し、NTT東日本賞」を受賞した「ひのきジーンズ」と入賞楯を展示しました。加えて「天然木極薄つき板」製の名刺作成デモンストレーションも行い好評を得ました。

「ひょうご森のまつり」 弊社ブース (拡大)

「ひょうご森のまつり」 弊社ブース (拡大)

「ひょうご森のまつり」は毎年1回、県内巡回で開催されていますが、このような機会を見つけて「森を大切にしたい思い」を伝え続けたいと思っています。

次の記事へ →

木原木材店へのお問合せはこちら

木原木材店