1. HOME
  2. ブログ
  3. 『ラジオ』でカメラ販売 > 『ネット』で丸太販売 ?

木原木材店ブログ 間伐材マイスターの徒然記

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

タグ検索

CSR 『丸柱・円柱巡礼』 ひのきジーンズ オブジェ モニュメント 丸柱 丸棒 丸棒加工場 低炭素社会・低炭素杯 価格 兵庫県 円柱加工場 円柱材 土木工事等で使う木材 土木工事等で使われる木材 土木用仮設資材 土木用木材 在庫 地域産木材 多可町 専門店 小径木 小径木加工場 展示会 施工例・施工事例 木の文化 木材 木材を有効に利用する方法 木材店の信用 木育 木製 木製土木資材 木製資材 棚田百選・岩座神 森林 災害用木材 神社仏閣 販売 足場丸太・仮設資材 間伐材 間伐材とは? 間伐材の有効利用・活用 間伐材グッズ 間伐材加工場・センター 50周年

タグ : 土木用木材

『ラジオ』でカメラ販売 > 『ネット』で丸太販売 ?

日本経済新聞の4月の『私の履歴書』は、「ジャパネットたかた」の創業者である高田明氏で、毎朝、会社へ出社直後に感慨深く読んでいます。

日本経済新聞 4月1日付け 「高田明」氏 1回目

日本経済新聞 4月1日付け 「高田明」氏 1回目

高田明氏といえば、テレビショッピングでの、かん高く軽快な商品説明と落としの販売価格提示との2つの口調が印象深く、社長のキャラクターで会社を成長させたイメージが強いのですが、起業当初の苦労話等、参考になるところが多くあります。

『私の履歴書』でも紹介された「温泉旅館での写真販売」の様子 (NHKテレビから)

『私の履歴書』でも紹介された「温泉旅館での写真販売」の様子 (NHKテレビから)

成長の原動力になったのが、初めてカメラの『ラジオ・ショッピング』を行い、その1回の販売台数が年間の販売台数に匹敵したこと、これを契機にラジオ・ショッピングを本格展開し、その後の成長軌道の礎になったとのことでした。

昨今では、生活必需品のすべてがネット販売され、実店舗に行かなくても物が買える時代ですが、こと「丸太」となると事例はそう多くないような気がします。

ラジオ通販の開始時の記事 日本経済新聞「私の履歴書」

ラジオ通販の開始時の記事 日本経済新聞「私の履歴書」

弊社でも、「丸太もネットで売れるかも?」と思いながら試行錯誤していますが、丸太の写真をHPで閲覧できてこそ消費行動を誘因することが可能だと思います。
実物のカメラの写真もなく、ラジオから聞こえてくる「言葉一つ」で、「カメラを買う」消費行動を誘発する機動力に敬服の限りです。

ブログのタイトルの理由です⇒  『ラジオ』でカメラ販売 > 『ネット』で丸太販売 ?

現在はサッカーJ1 「V・ファーレン長崎」のオーナーでもある (NHKテレビから)

現在はサッカーJ1 「V・ファーレン長崎」のオーナーでもある (NHKテレビから)


円柱材マイスターも、高田氏の爪の垢を飲んで(「私の履歴書」を熟読して)、次の展開を考えていきたい(生きたい)と思っています。

『円柱材マイスター』からのごあいさつ (3年目突入です)

『円柱材マイスター』から、新年のご挨拶を申し上げます。

一昨年(平成28年)1月より弟に代わり土木用木材事業の責任者を務めることになりましたが、何とか2年間を乗り切ることができ、今年で3年目突入となります。

先代の弟から「土木用木材事業」を引き継いだ際には、周りの人たちから「3年間無事乗り切れるかな‥?」との評価を戴きましたが、無事2年間を乗り切り、あと1年で満3年経過となります。

新年・平成30年1月1日の弊社工場

新年・平成30年1月1日の弊社工場


年末のテレビで、『陸王』『マチ工場のオンナ』等、企業再生(再起)をテーマとしたドラマが注目を集めましたが、これらの主人公の社長の気持ちに通じるとことが多くありました。 
(平成29年は、株価も上昇傾向で、景況観も良かったので、助けられたのだと思います)

小径木を中心に加工する弊社にとって、木材業界全般の環境以上に厳しい道のりですが、「何とか生き残る道を切り開きたい‥‥」との思いを持ちながら、日々精進してまいります。

今年も、昨年以上に御贔屓のほどよろしくお願いします

H30.01.01 城崎温泉・御所の湯の入口にあった「円柱材」と伴に

H30.01.01 城崎温泉・御所の湯の入口にあった「円柱材」と伴に

『兵庫県産材・桧・型枠用合板』は2種類あります

先に、平成29年度から『兵庫県産材・桧・型枠用合板』が導入されることを紹介しましたが、この合板を製造するメーカーが2社あり、型枠は2種類になりますので、取り扱いに注意が必要です。

その理由は、『兵庫県産材・桧・型枠用合板』を製造するメーカーが、 「(株)日新」 と 「林ベニヤ産業(株)」 の2社となっており、県民局毎に使用する合板の製造メーカーが指定されています。

 『(株)日新』 「兵庫県産材・桧・型枠用合板」 

『(株)日新』 「兵庫県産材・桧・型枠用合板」 

(株)日新で製造されたものは、中播磨と西播磨県民局管内での工事に使用され、林ベニヤ産業(株)で製造されたものは前記2県民局以外の県民局管内の工事での使用が予定されています。

『林ベニヤ産業(株)』 「兵庫県産材・桧・型枠用合板」

『林ベニヤ産業(株)』 「兵庫県産材・桧・型枠用合板」

導入直後となるので、当面は、兵庫県農政環境部所管の農林振興事務所発注の県単独予算の治山工事ダム型枠用として使われる予定になっています。

弊社では、土木用木材に関して、兵庫県下全域での納品体制を整えており、これまでも杉板を組み合わせた『兵庫県産材・木製型枠』を扱ってきました。

今後は、『兵庫県産材・桧・型枠用合板』についても引き続き積極的に取り扱いますので、同製品について引き続き情報提供してまいります。

治山工事等の工事施工に関して資材調達等で情報不足の際にはお問い合わせ下さい

次の記事へ →

木原木材店へのお問合せはこちら

木原木材店