1. HOME
  2. ブログ
  3. 弊社は兵庫県下最大の『松丸太杭』の製造・供給業者です(関西でも有数)

木原木材店ブログ 間伐材マイスターの徒然記

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

月別アーカイブ

タグ検索

CSR 『丸柱・円柱巡礼』 ひのきジーンズ オブジェ モニュメント 丸柱 丸棒 丸棒加工場 低炭素社会・低炭素杯 価格 兵庫県 円柱加工場 円柱材 土木工事等で使う木材 土木工事等で使われる木材 土木用仮設資材 土木用木材 在庫 地域産木材 多可町 専門店 小径木 小径木加工場 展示会 施工例・施工事例 木の文化 木材 木材を有効に利用する方法 木材店の信用 木育 木製 木製土木資材 木製資材 棚田百選・岩座神 森林 災害用木材 神社仏閣 販売 足場丸太・仮設資材 間伐材 間伐材とは? 間伐材の有効利用・活用 間伐材グッズ 間伐材加工場・センター 50周年

タグ : 木製資材

弊社は兵庫県下最大の『松丸太杭』の製造・供給業者です(関西でも有数)

弊社の祖業である、『松丸太杭』の引き合いに、復活の兆しがあります。

『松丸太杭』の主な使い方として、宅地や工場の造成工事の土留め工事等で、「矢板」とともに使われますが、近年は大規模造成工事の減少で、需要も減退気味に推移していました。

大型造成工事時によく使われる「4m・φ15cm程度」の松・丸太杭

大型造成工事時によく使われる「4m・φ15cm程度」の松・丸太杭

最近、引き合いが増えたのが、、『太陽光発電所』の建設時に大規模造成工事があり、まとまった量の『松丸太杭』の注文があるケースです。

造成に伴って、傾斜地に『土留め工』を施工したり、その下流に「貯水池」を掘ったり等、、『松丸太杭』や『矢板』の出番も増えつつあります。

松・丸太杭の現場搬入は古い方のトラックがメインです

松・丸太杭の現場搬入は古い方のトラックがメインです

工事の種類は、変わりつつありますが、これらの工事向けも大切な需要先として大切にしていきたいと考えています。

弊社は、兵庫県下で最大の『松丸太杭』の供給業者と自負しています。 (加工生産及び販売)

入荷した『カラマツ原木』 (前から) (朝、入荷時には確認に出向きます)

入荷した『カラマツ原木』 (前から) (朝、入荷時には確認に出向きます)

加工用の松丸太を安定確保し、各種注文に即応できるよう供給体制を充実したいと考えています。

入荷した『カラマツ原木』(後ろから)  (朝、入荷時には確認に出向きます)

入荷した『カラマツ原木』(後ろから)  (朝、入荷時には確認に出向きます)

使用用途の如何に関わらず、、『松丸太杭』のニーズがありましたら、是非、お問い合わせ下さい。 
兵庫県下及び近隣の府県・近畿圏程度までなら対応できます。応相談)

参照 HP   ⇒   松杭(大)             松杭(中)

兵庫県木連 県産木材供給部会 役員会に出席しました

 毎年4月下旬に開催される「兵庫県木連 県産木材供給部会」役員会総会に参加してきました。
(平成30年度は4月23日開催)

兵庫県木連 県産材供給部会・役員会の様子

兵庫県木連 県産材供給部会・役員会の様子

弊社は、兵庫県産材を使用した「土木用木材」の県下最大(級)のサプライヤー自負しており、建築用木材の供給製材業者に交じって役員の一員を担っています

兵庫県木連・県産材供給部会 弊社は『監事』の職責にあります  

兵庫県木連・県産材供給部会 弊社は『監事』の職責にあります  

役員会及び総会では県産木材の供給動向県産材証明書の発行状況等の報告等があり、今後の動向についての意見交換等がありました。

兵庫県木連 県産材供給部会 各種資料等

兵庫県木連 県産材供給部会 各種資料等

国産木材の供給量が増え、国産材比率が上昇する中、地域産木材大切に使う施策として今後とも「兵庫県産木材」への需要が高まることを期待しながら、会議を拝聴しました。

『円柱材マイスター』からのごあいさつ (3年目突入です)

『円柱材マイスター』から、新年のご挨拶を申し上げます。

一昨年(平成28年)1月より弟に代わり土木用木材事業の責任者を務めることになりましたが、何とか2年間を乗り切ることができ、今年で3年目突入となります。

先代の弟から「土木用木材事業」を引き継いだ際には、周りの人たちから「3年間無事乗り切れるかな‥?」との評価を戴きましたが、無事2年間を乗り切り、あと1年で満3年経過となります。

新年・平成30年1月1日の弊社工場

新年・平成30年1月1日の弊社工場


年末のテレビで、『陸王』『マチ工場のオンナ』等、企業再生(再起)をテーマとしたドラマが注目を集めましたが、これらの主人公の社長の気持ちに通じるとことが多くありました。 
(平成29年は、株価も上昇傾向で、景況観も良かったので、助けられたのだと思います)

小径木を中心に加工する弊社にとって、木材業界全般の環境以上に厳しい道のりですが、「何とか生き残る道を切り開きたい‥‥」との思いを持ちながら、日々精進してまいります。

今年も、昨年以上に御贔屓のほどよろしくお願いします

H30.01.01 城崎温泉・御所の湯の入口にあった「円柱材」と伴に

H30.01.01 城崎温泉・御所の湯の入口にあった「円柱材」と伴に

次の記事へ →

木原木材店へのお問合せはこちら

木原木材店