間伐材マイスターの徒然記

足場丸太『1000本・内定』⇒実績『試験施工用・50本』   (小さな 『ウッドショック』)

 4月下旬、弊社HPの問い合わせサイトに、「足場丸太1000本、6月下旬までに、東京都江東区青海まで届けられますか?」との主旨の問い合わせがありました。

東京オリンピック・関連事業向け 足場丸太『試験施工用・50本』

 久々の大型案件にウキウキの気持ちで、詳細を問い合わせると、東京オリンピック関連事業に係る「仮設パビリオン」で使う予定で、1業者で1000本納入できる業者を探しているとのことでした。

弊社・第2倉庫・大屋根下に在庫する「足場丸太」

(他社では100~200本程度が限界で、複数者との交渉は避けたい旨で、弊社に到達)

弊社・第2倉庫・大屋根下に在庫する「足場丸太

 大切に倉庫で保管している『足場丸太の在庫』国家的プロジェクトの関連事業に使われるならと思い、「思いきった見積」を提出し、「果報は寝て待て」の状態でした。

弊社・第2倉庫・本体に在庫する「足場丸太」

 しばらくすると、実際に「仮設パビリオン」を設置する施工業者から、「1000本程度で計画が進んでいるので、在庫の確保をお願いします」。 
ついては、「試験施工用の材料50本を届けて下さい」との連絡があり、納材させて戴きました。

「試験施工用・50本」  奥には1カ月後に東京行き予定?の「足場丸太」

 試験施工の結果も上々で、「正式の発注をお待ち下さい。しかしながら、オリンピックの開催動向によりキャンセルの場合もあり得ます……」とのこととなりました。

東京オリンピック・関連イベント用 足場丸太「試験施工用・50本」

 日々、東京オリンピックの開催情報を気遣っていましたが、「パブリックビューは全面禁止」情報等が流れてくると諦めムードとなり、7月1日には「仮設パビリオンも計画中止」の連絡が入り、「取らぬ狸の皮算用」状態に陥ってしまいました。
(これも、小さな「ウッドショック」

 大きな案件が頓挫したことは非常に残念ですが、「在庫1000本持っている木材店」としてピックアップされたことに注目し、今後とも「在庫を持っている大切さ」を守っていきたいと考えています。
 (目標は常時2000本以上、R03.07.04現在あり)